スポンサードリンク

Access VBA 標準モジュールを作成する方法。

VBA でプログラミングを行なうには、いくつか方法があります。まずは標準モジュールを作ってみましょう。標準モジュールは、主に共通して使うプログラムを書きます。

標準モジュールは、フォームやレポートなどのオブジェクトとは関係なしに作成でき、単独で実行することもできます。そのため簡単にプログラムを試せるので便利です。

また必要があれば、フォームやレポートのモジュールから呼び出すことができます。

今回は標準モジュールを使って、最も簡単なプログラムを書いて保存するまでの、一連の流れを体験してください。


【1】「SampleDB020.mdb」を起動してから、VBE(Visual Basic Editor)を起動します。

access-vba-11.gif

*「Altキー」+「F11キー」で起動


【2】メニューから「挿入 → 標準モジュール」を選択します。

access-vba-12.gif


【3】標準モジュールが追加され、プログラムが入力できる状態になりました。

access-vba-13.gif


【4】半角で「sub test1()」と入力し、「Enterキー」を押します。

access-vba-14.gif


【5】「End Sub」が自動的に表示されました。

access-vba-15.gif

この Sub test1() から End Sub までが、プログラムの流れの単位となり、「Subプロシージャ」と言います。


【6】プログラムが読みやすいように、「Tabキー」を押してインデント(字下げ)します。

access-vba-16.gif


【7】半角で「m」とだけ入力します。

access-vba-17.gif


【8】「Ctrlキー」を押しながら「スペースキー」を押すと、その時点で入力できる候補がリスト表示されます。

access-vba-18.gif


【9】「ms」まで入力すると、さらに候補が絞りこまれます。リストから「MsgBox」を選択して「Tabキー」を押してください。

access-vba-19.gif

*マウスでダブルクリックして選択することもできます。


【10】「MsgBox」が入力されました。

access-vba-20.gif

このように最小限の入力でプログラミングできます。スペルがうろ覚えでも入力でき、またミスが減るため、大変便利な機能です。ぜひ活用してください。


【11】以下のように Subプロシージャ を完成させてください。

access-vba-21.gif

*「"」は半角です。


【12】同じ要領で、下にあと二つの Subプロシージャ を書いてください。

access-vba-22.gif

*同じ標準モジュール内に書きます。


【13】標準モジュールを保存します。

access-vba-23.gif


【14】モジュール名に「test」と入力し、「OK」ボタンをクリックします。

access-vba-24.gif


【15】標準モジュールの名前が変わり、保存されました。

access-vba-25.gif


【16】いったん VBE は閉じてください。


【17】今作った標準モジュールが、データベースウィンドウの「モジュール」に、表示されるようになりました。

access-vba-26.gif

この画面からも、新規作成、編集、削除を行なうことができます。


【解説】

(1)プロシージャとは手続きのことで、一連の処理の集まりです。プロシージャには種類があります。

・Subプロシージャ 戻り値を返さない
・Functionプロシージャ 戻り値を返す
・イベントプロシージャ イベント発生時に呼び出される

Subプロシージャは処理を行なうだけで、Functionプロシージャは処理した後に値を返します。イベントプロシージャは、イベントが発生したときに、システムから自動的に呼び出されます。

イベントとは、「マウスでボタンをクリックした」、「フォーカスを取得した」などの操作や処理を行なった時に発生するものです。イベントプロシージャについては後に詳しく説明します。


(2)プロシージャごとに水平線で区切られます。


(3)プロシージャは書く順番を入れ替えても影響はありません。


(4)1つの標準モジュールには、複数のプロシージャを含めることができます。


プログラムの実行方法については、次回に詳しく解説します。


スポンサードリンク






Access VBA 初心者入門講座 TOPへ