スポンサードリンク

AccessでVBAを学ぶメリットとは?

AccessVBAを学ぶメリットをまとめてみます。

VBAはExcelなど、他のマイクロソフト社製 Officeアプリケーションソフトでも使うことができます。

例えば、ExcelでもVBAを使ってプログラミングをする人は多いです。

では、わざわざAccessでVBA言語を学ぶことには、どんなメリットがあるのでしょうか?

何といってもAccessはデータベースなので、

データの蓄積や加工、利用面、応用範囲の広さで優れています。

特に業務システムを作るには、最適なアプリケーションソフトです。

AccessはExcelよりも、本格的なシステムを構築できるのが、最大のメリットです。

Accessには、クエリーやマクロといった優れた機能があるので、

わざわざVBAでプログラミングしなくても、ある程度のシステムは作れてしまいます。

何故プログラミングが必要なのか?

確かに初心者にとっては、プログラミングを書くことなく処理を行えるマクロは便利です。

クエリーもGUIによって視覚的にデータベースを操作できます。

しかし、システムで細かい制御が必要になってくると、

クエリーやマクロだけでは、限界があります。

その点、VBAではSQL文を自由自在に組み立てたり、

SQL文を通して、データベースを強力に操作することができます。

画面上の部品のコントロールも自在。

もちろんVBAはプログラミング言語なので、処理の繰り返しや自動化は大得意です。

VBAで書いたプログラムやSQL文は、全体を見渡しやすいので、

慣れてくると、こちらのほうがパッと見、分かりやすいくらいです。

つまり、Accessでのシステム構築に慣れてくるほど、

VBA言語やSQL文を使ったプログラミングのほうが、

どんな処理をやっているのか、一目で分かる、処理が明確だというメリットがあるのです。

分かりやすいシステムのほうが、後々の改良、メンテナンスもし易いと言えます。

スポンサードリンク






Access VBA 初心者入門講座 TOPへ