Access VBA 文字列型を返すFunctionプロシージャを作成する方法。

VBA にはいろんなデータ型が用意されていて、文字列型 (String)を返す Functionプロシージャ を定義することができます。

今回は引数も文字列型で、戻り値も文字列型にしてみます。


【1】Access で VBEを起動します。

access-vba-107.gif

*VBEは「Altキー」+「F11キー」で起動できます。


【2】新たに「test3」という標準モジュールを作成し、以下のように Functionプロシージャ を定義します。


Function hello(name As String) As String
  hello = name & "さん、こんにちは"
End Function


access-vba-106.gif


【3】イミディエイト ウィンドウで Functionプロシージャ の動作を確認してください。

access-vba-108.gif

引数の名前を変えると、表示が変わります。


【解説】

(1)文字列型 (String)の引数を1つ受け取り、戻り値は文字列型です。

Function hello(name As String) As String


(2)文字列の結合には「&」アンパサンドを使い、戻り値を指定しています。

hello = name & "さん、こんにちは"


(3)Access の VBA では、他にもいろんなデータ型が使えます。

・バイト型 (Byte)
・ブール型 (Boolean)
・整数型 (Integer)
・長整数型 (Long)
・通貨型 (Currency)
・単精度浮動小数点数型 (Single)
・倍精度浮動小数点数型 (Double)
・文字列型 (String)
・日付型 (Date)、
・バリアント型 (Variant)
・オブジェクト型 (Object)
・ユーザー定義型


スポンサードリンク

スポンサードリンク






Access VBA 初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。